日本月例研究会
神社ツーリズム 日本人の証明 メルマガ配信中! 神社人

東條英利

趣旨

日本人として日本の基礎を学ぶ!

当会は、東條英利が定期的に提供する基礎教養修学講座となります。主な内容は、東條自身が神社ポータルサイト「神社人」の運営で培ってきた日本の歴史や文化、日常的習慣といったもので、これを「日本人としての基礎作り」と題し、「一般基礎教養プログラム」として体系化したものを学ぶ講座となります。では、なぜ、このような会を立ち上げたのかと言いますと、それは『私たち、日本人の多くが思いの外自分たちのことを知らないから』と感じているからです。

実際、私たちが幼い頃から学んできた学問の多くは、その主目的を「実社会」にではなく、「大学進学」に想定して参りました。このため、私たちが学ぶ知識の多くは、自分たちに関係・無関係関わらず、あくまで「入試」に出るという名目で学ぶことが多かったと思います。多分、学生の頃に「これ、何のために学んでいるんだろう」と不思議に思ったことのある方も少なくないのではないでしょうか。

このため、学生時代に学んできたことの多くは、案外、実社会に何ら役に立っていない専門知識も多く、逆に、私たちの多くは、どの国よりも深い歴史や文化に恵まれながらも、そうした出来事には無頓着な人たちが自身の反省も込めて増えてしまったと痛感しております。

そんな現状を鑑み、当会では『まずは私たち、大人がきちんと自分たちの国や地域、社会のことを理解できるようになりたい』と願い、2016年の8月にスタートいたしました。まだまだ、試行錯誤の感はございますが、一人一人が主体的に自らの国や地域のあり方を学び、往古より培われてきた文化的有用性を失わずに将来を考えていく。「日本月例研究会」は、そんな私たちの文化を未来へと繋ぐ社会作りにコミットする会となります。

こんな方に最適!

●自分の住む国や文化、風習に対する理解がほとんどない。
●子供に対して親として何をどう教えたらいいのか分からない。
●このグローバルな世界で私たちは何を信じていけばいいのか分からない。
●社会人としてのコミュニケーション・スキルが低い。
●神社・神道、並びに日本文化の理解に興味・関心がある。
●日本と海外の違いを明確に知りたい など。

基本、参加者の多くは、女性も多く、年齢層が30〜40代一般の方々で構成されております。一般、初心者の方でも全然大丈夫ですので、ぜひ、一度、私たちと一緒に自分たちの意味や価値について真剣に考えてみませんか?

概要

当会の講座は、基本、「日本」「日本人」「国際教養」の3つのテーマより構成されております。そして、

・「私たちが住んでいる国(地域)に対する理解」
・「往古より培われてきた固有の価値観(文化・風習)に対する理解」
・「グローバル・多様化社会にみる自らのアイデンティティに対する理解」

を深め、「この社会に何が必要なんだろう」ということを考える一つのきっかけを与えることができればと考えております。詳細は下記の通りとなりますが、必要に応じて、スペシャル・プログラムや、開催地域による「地域性」を加味することもありますので、内容に関してはご参照程度にお考えください。

なお、基本的なスタイルとして、座学が中心となりますが、時折、簡易な小テストを作成し、その回答を講義から学び取るという形式を採用することがありす。理由は、東條自身も、『より学びを深めるためには、まず聴講者本人の主体性が大事』と考えているからです。このため、座学形式であると同時に、まずは常識的な問題を個々の現状から「考えてみる」ということも大事だと考えております。

そういう意味では、この小テスト・スタイルの意義は、何点取ることができたかという得点にあるのではなく(あくまで簡易なものです)、「学びを高めるためのファシリテーション・ツール」として用いております。現在、東京は湯島天満宮で毎月第二金曜日(一部、例外あり)に開催しております。「まずは楽しく学ぶ」がモットーですので、どうぞお気軽にご参加くださいませ。

▶主なカリキュラム内容

▼〔第一部〕日本人として知っておくべき日本のこと。
■日本国   :「日本はいつ始まったの?」この建国を知らないことから始まる国の問題点を考える!
■天皇    :「天皇の意義とは?」身近なようで知らない日本の基礎、天皇を学ぶ!
■国家論   :「なぜ、日本は長く続いたの?」国の歴史から企業経営にも通じる「長寿」の秘訣を考える!
■とうきょう  :「私たちは東京の何を語ることができますか?」日本の首都?東京の存在を歴史から考える!

▼〔第二部〕日本人として知っておくべき日本人のこと。
■神道      :「なぜ、日本人はユニークなのか?』日本にしかない「神道」から日本人の国民気質を考える!
■神社      :「神社とは何なのか?』神社成立の仕組みから先人の知恵を学ぶ!
■日本人の自制心 :「日本人の強さとは何なのか?」日本人固有の感謝精神からみる日本人の強さを考える!
■日本人の仕事観 :「なぜ、日本は経済大国になれたの?」宗教観の違いからくる日本型経営の真価を考える!
■日本人の家族観 :「なぜ、戦前の日本人は強かったのか?」日本固有の家族制度・現在の少子化を考える!

▼〔第三部〕日本人として知っておいてもいいこと。
■神社とお寺  :「神社とお寺の違いは何なのか?」意外と知らない両者の違いを神仏習合の歴史から学ぶ!
■Lost Identity :「欧州がイスラム教文化圏になる!?」世界の動きから今の私たちのあり方を考える!!
■Money Game :「金融経済の実態とは?」今、世界で起きている現実から私たちの未来を考える!!
■東條英機  :「先の大戦とは何だったのか?」東條英機の実像から先の戦争の意味を考える!!
■富士山   :「富士山の何が語れますか?」日本の象徴、富士山を浅間信仰とともに考える!!
■お稲荷さん :「日本で一番多い神社を知っていますか?」もっとも身近神社、お稲荷さんを学ぶ!!
■八幡さま  :「八幡さまを知っていますか?」日本の歴史と深く関係する八幡信仰を学ぶ!!
※上記はあくまでカリキュラムの一例となります。


▶日本月例研究会in東京

現在、東京都内では上記カリキュラムに則って、月例の研究会を開催しております。現在、「富士山」が終了しており(平成30年3月4日現在)、次回、3月9日に(14)「八幡さま」を予定しております。詳細は下記の通りとなりますので、ご関心ございましたら、事務局までご連絡ください。

〔日本月例研究会in東京 開催概要〕

■基本条件:毎月第二金曜日午後18時45分受付/19時開始/21時終了※一部、条件変更あり。
■開催場所:湯島天満宮・梅華殿(東京都文京区湯島3-29-5)
■次回予定:平成30年(2018年)3月9日(金)19時より
■内  容:「八幡さま」日本で二番目に多いとされる八幡神社。どうやってこのように全国へ広がったのか?また、八幡さまとはどんな神様なのか?実は、「八幡さま」の動きをみることで、古代から中世までの日本の動きというものがはっきりと見えてきます。ぜひ、八幡さまを知りたい方は是非。歴史に対する見方も変わるかもしれません。
■過去の開催実績
 ・平成28年(2016年)8月1日(月).第1回「日本という国」
 ・平成28年(2016年)9月5日(月).第2回「天皇と日本」
 ・平成28年(2016年)10月4日(火).第3回「世界最古の国」
 ・平成28年(2016年)11月7日(月).特別回「欧州文化戦争」
 ・平成28年(2016年)12月9日(金).特別回「お正月講座」〜ICPAしめ縄作りプロジェクト
 ・平成29年(2017年)2月10日(金).第4回「日本人と神道」←毎月第二金曜日へ変更
 ・平成29年(2017年)3月10日(金).第5回「日本の神社」
 ・平成29年(2017年)4月7日(金).第6回「感謝のしくみ」
 ・平成29年(2017年)5月12日(金).第7回「日本人の仕事観」
 ・平成29年(2017年)6月9日(金).第8回「日本人の家族観」
 ・平成29年(2017年)7月14日(金).第9回「神社とお寺」
 ・平成29年(2017年)8月11日(金・祝日).第10回「東條英機」※祝日のため変更の可能性あり
 ・平成29年(2017年)9月8日(金).第11回「Lost Identity」
 ・平成29年(2017年)10月13日(金).第12回「Money Game」
 ・平成29年(2017年)11月10日(金).第13回「一年の振り返り」
 ・平成29年(2017年)12月.お休み
 ・平成30年(2018年)1月12日(金).第14回「お稲荷さん」
 ・平成30年(2018年)2月9日(金).第15回「富士山」
■今後の開催予定※会場などの都合で変更になる可能性あり
 ・平成30年(2018年)3月9日(金).第14回「八幡信仰」
 ・平成30年(2018年)4月13日(金).第14回「とうきょう」
 ・平成30年(2018年)5月11日(金).第14回「日本の神々」
□3月研究会お申し込み先:https://goo.gl/HFPtb1
□FBイベントページ:3月9日研究会ページ

▶日本月例研究会in大阪

現在、大阪府内でも同様のカリキュラムに則って、月例の研究会を開催しております。現在、「日本人の仕事観」が終了しており(平成30年3月14日(平成30年3月4日現在)、次回、3月14日に(10)「神社とお寺」を予定しております。一応、スケジュールとしては暫定的に毎月第三水曜日としておりますが、会場の都合もあり、日程は流動的となっております。そのため、逐次、スケジュールをご確認頂ければ幸いです。また、会場も変更となる可能性は非常に高くなっております。ご関心ございましたら、事務局までご連絡ください。

〔日本月例研究会in大阪 開催概要〕

■基本条件:毎月第三水曜日(仮)午後18時45分受付/19時開始/21時終了

■次回予定:平成30年(2018年)3月14日(水)19時より
■開催場所:大阪市立住まい情報センター・5F研修室(大阪市北区天神橋6丁目4-20)
■内  容:「神社とお寺」外国の方からよくある質問の中には、「神社とお寺」の違いを指摘されることも決して少なくありまえせん。今回はそんな両者の違いから神仏習合についても少し勉強してみたいと思います。
■過去の開催実績
 ・平成28年(2017年)4月11日(火).第1回「日本という国」
 ・平成28年(2017年)5月16日(火).第2回「天皇と日本」
 ・平成28年(2017年)6月14日(水).第3回「世界最古の国」
 ・平成29年(2017年)7月19日(水).第4回「日本人と神道」
 ・平成29年(2018年)8月23日(水).第5回特別回「東條英機」
 ・平成29年(2017年)9月13日(水).第6回「日本の神社」
 ・平成29年(2017年)10月25日(水).第7回「感謝のしくみ」
 ・平成29年(2017年)11月.お休み
 ・平成29年(2017年)12月.お休み
 ・平成29年(2018年)1月17日(水).第8回「日本人の家族観」
 ・平成29年(2018年)2月13日(火).第9回「日本人の仕事観」
■今後の開催予定※会場などの都合で変更になる可能性あり
 ・平成29年(2018年)3月14日(水).第10回「神社とお寺」
 ・平成29年(2018年)4月25日(水).第11回「Lost Identity」
 ・平成29年(2018年)4月25日(水).第12回「Money Game」
 ・平成29年(2018年)5月未定.第13回「お稲荷さん」


□3月研究会お申し込み先:https://goo.gl/E6C5nh
□FBイベントページ:3月14日研究会ページ

▶日本月例研究会in愛知

現在、愛知県でも同様のカリキュラムに則って、月例の研究会を開催しております。現在、「日本という国」が終了しており(平成29年6月2日現在)、次回、7月21日に(2)「日本人と神道」を予定しております。一応、スケジュールとしては暫定的に毎月第三金曜日としておりますが、一部、異なっておりますので、逐次、スケジュールをご確認頂ければ幸いです。ご関心ございましたら、事務局までご連絡ください。

〔日本月例研究会in愛知 開催概要〕

■基本条件:毎月第三金曜日午後18時45分受付/19時開始/21時終了
■開催場所:ウインクあいち(愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4)
■次回予定:平成29年(2017年)7月21日(金)19時より
■内  容:「天皇と日本」私たちは国内に「天皇」という別格な存在をあおぎながらも今ひとつその理解が進んでおりません。今回は、日本の建国を中心にその想いや考えに触れ、私たちとどういう関係にあるのか。改めて、考えてみたいと思います。
■過去の開催実績
 ・平成28年(2017年)6月16日(金).第1回「日本という国」
 ・平成28年(2017年)7月21日(金).第2回「天皇と日本」
 ・平成29年(2018年)8月25日(金).第3回特別「東條英機」
 ・平成28年(2017年)9月15日(金).第4回「世界最古の国」
 ・平成29年(2017年)10月27日(金).第5回「日本人と神道」
 ・平成29年(2017年)11月24日(金).第6回「日本の神社」
 ・平成29年(2017年)12月.お休み
 ・平成30年(2018年)1月19日(金).第7回「感謝と自制心」
 ・平成30年(2018年)2月16日(金).第8回「日本人の仕事観」
■今後の開催予定※会場などの都合で変更になる可能性あり
 ・平成30年(2018年)3月16日(金).第9回「日本人の家族観」
 ・平成30年(2018年)4月27日(金).第10回「神社とお寺」
 ・平成30年(2018年)5月18日(金).第11回「Lost Identity」
 ・平成30年(2018年)6月15日(金).第14回「Money Game」


□3月研究会お申し込み先:https://goo.gl/VU2oaV
□FBイベントページ:3月16日研究会ページ

展望

皆さまの地元で研究会をやりませんか?

もともと、当会は東京からスタートいたしましたが、その後も大阪、名古屋でもスタート致しました。今後も他地域での開催も検討しており、地域によっては毎月というわけにはいかないかもしれませんが、とにかく、定期的な場を各地に展開できればと考えております。見込みとしては、広島と福岡、静岡といった地域でも準備を進めております。もし、このほかの地域でもご関心などございましたらお気軽にお声がけくださいませ。

他にも、実際に研究会を立ち上げるまでもなく、当該のプログラムを研修・教育プログラムとしてご提供することも考えております。その際はカリキュラム内容もそれなりに調整する部分もかあるかと思いますが、当プログラムは社会人として非常に重要な内容であると感じておりますので、様々な用途にお役立ていただけるものと考えております。

まずは当事務所までお気軽にお問い合わせくださいませ。ただし、日程的には限られた中となりますのでその点はご容赦くださいませ。

■ご連絡先:info@tojo-hidetoshi.jp

ページトップへ